Pythonのファイルの読み込みはwithを使う

どの言語でもほぼ一緒だと思いますが、ファイル操作時に「open」をしたら、必ず「close」があります。

ですが、「closeし忘れた」という可能性も無くはないので、Pythonではwithを使用します。

withを使用した場合は、with文中の処理が全て完了後、自動的にcloseしてくれます。

with open('test.txt', 'w') as f:
f.write('Test\n')

コメント

現在コメントはありません

新しいコメント

*
*
*

admin

こんにちは!Bicepperです。
メインはフロントですが、Python・AWS・GCPやったりと手を広げまくってます。

筋トレ歴10年目。筋トレのこともたまーに書いたりします。

Twitter Feed